lijiang of Mark Photo Press web



Mark Photo Press web
PHOTOGRAPHER * INUI,shinya

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


Mark Photo Press web updated 2016-07-20

麗江 Lijiang 2000年5月 中国雲南省

 麗江へは、雲南省の省都昆明から空路で約40分ほど。雲の切れ間から垣間見た地上の光景は、山々の裾野に広がる赤茶けた大地、そしてパッチワークの様に織り成す黄金色に輝く麦畑とが見事な色の調和を成していた。
 高原特有の爽やかな風と強い日差しに出迎えられ処女峰・玉龍雪山のふもと麗江に到着する。

 雲南省には多くの少数民族が住んでいるが、麗江は「麗江納西族自治県」と地名事典にあるように、納西(ナシ)族が多く住む街である。街は、デパートやオフィスが集中する近代的な新大街エリアと、明・清時代の街並みが今も多く残り、ユネスコの世界文化遺産に登録されている四方街エリアに大別できる。

  四方街を中心にした麗江古城をそぞろ歩く。至るところ迷路のように石畳が延び、両脇には朱塗りの何百もの商家が軒を連ねる。そして、家々の軒下には玉龍公園より流れ出た清流がさらさらと流れている。表通りから一歩足を踏み入れてみると、食堂、旅館、雑貨店、美容院など、日々の暮らしに欠かせない店が建ち並び、その中を民族衣装(背中に北斗七星をデザインした飾りがある)を身にまとった老婆や、生活雑貨や薪を頭から下げたナシ族の人達が行き交う。水路では、水遊びする子供たちの笑い声が響き、野菜や食器を洗う大人達の光景に出会う。

  夜ともなれば、老街の一角にある大研納西古楽会で、毎夜納西族の伝統音楽が演奏され、琵琶や三味線、琴など、かつてペルシャから伝わった楽器が単調な旋律ながら心地よい音色を出し夜の老街に響きわたって行く。この旋律に身をまかせていると不思議な気持ちになってくる。この街は間違いなく太古の昔より時間が止まっているかのようだ。